松戸市 きよしヶ丘ペットクリニック
犬、猫、うさぎ、ハムスター、フェレット、モルモット、小鳥


猫 マイクロチップのおすすめ 犬

マイクロチップとは

動物の個体識別を可能にする電子標識器具です。専用のインジェクターで犬や猫などの背側頚部皮下に埋め込んで使用します。
それぞれのマイクロチップには世界で唯一の変更不可能な15桁のナンバーが 記録されており、これを専用の読み取り器(リーダー)で読み取ってそのナンバーに対応する飼い主の名前や電話番号、住所などをデーターベースで照会することができます。
いわば、なくさない迷子札のようなものです。

マイクロチップ専用のリーダーで読みっています。


大きさや材質、安全性は

直径2mm、全長約12mmの円筒形で、全表面は生体適合ガラスで覆われています。
少なくとも30年は耐用するよう設計されており、今まで破損などの事故の報告はありません。
生体適合ガラスを使用しているため、無害です。


装着方法は

動物の背側頚部皮下に埋め込みます。通常の皮下注射と同様で、麻酔の必要はありません。



登録は

AIPO(動物ID普及推進会議)にデータ登録をします。AIPOとは、平成14年に全国動物愛護推進協議会の4団体と日本獣医師会によって設置され、マイクロチップによる動物個体識別の普及推進とデータ管理を行っている組織です。






禁無断転載 Copyright © Kiyoshigaoka Pet Clinic. All rights reserved.