猫ちゃんは完全に室内で生活させ、年に1回3種混合ワクチンを接種してあげるのが理想的な飼い方です。

 3種混合ワクチンとは、猫伝染性鼻気管支炎・猫カリシウイルス感染症・猫汎白血球減少症の3つの感染症に対する混合ワクチンです。

 猫伝染性鼻気管支炎ウイルス・猫カリシウイルスは、空気中に普通に含まれているウイルスで、猫ちゃんは家の中/家の外関係なく感染します。
 猫汎白血球減少症は特に死に至る感染症で、この原因ウイルスは非常に安定した野外のウイルスですが、衣服や靴のウラを介して猫ちゃんは家の中でも感染します。
 このワクチンは生後2ヶ月から初乳抗体のため複数回の接種が必要で、1歳齢以降は年に1度の3種混合ワクチンが理想として必要です。予防注射が最大の治療となり、生きるために必要なワクチンと言えます。

 また、猫エイズ・猫白血病は野外の感染症で、感染猫との接触が原因ですから、同居の猫ちゃんが感染していない限りは家の中では感染しません。

  4種混合ワクチンは、3種混合ワクチンに猫白血病ウイルスワクチンが入ったもので、外に出る猫ちゃんに対するものです。最近、猫エイズワクチンも登場しました。しかし、猫エイズ以外にも多数の感染症が普通に存在すること、交通事故に遭うことを考えると、4種混合ワクチンだから外出してよいものではありません。

 きよしヶ丘ペットクリニックでは、年令や接種歴に応じてそれぞれのワクチネ−ションプログラムを提案します。

■種類と料金
3種混合ワクチン 1回 4,600円(税別)
猫伝染性鼻気管支炎ウイルス、猫カリシウイルス、猫汎白血球減少症ウイルス

4種混合ワクチン 1回 6,000円(税別)
(上記3種+猫白血病ウィルス)
初めて接種する時は、猫白血病に感染していないか検査を行います。

猫エイズワクチン 1回 6,000円(税別)

ワクチンの詳しい内容などにつきましては、お問い合わせください。


診療内容のご案内に戻る



きよしヶ丘ペットクリニック 千葉県松戸市小金きよしケ丘3丁目25-24 TEL 047-340-3883

禁無断転載 Copyright © Kiyoshigaoka Pet Clinic. All rights reserved.