Diary 2013. 11
メニューに戻る
11月1日 (金)  11月のごあいさつ

 11月に入り秋も深まってまいりました。
 皆様は、いかがお過ごしでしょうか?

 朝晩すっかり肌寒くなってきましたね。
 世間のよくあるイベントでは、昨日でハロウィンが終わり、今日からクリスマスへ変わっていきます
 また、年賀状も本日から販売されるなど、年末を意識させられるものです

 皆様は、年末年始の計画はお決まりでしょうか?
 早いもので、今年もそんな時期になりました

 クリスマスのイベントでの、ペットの暴飲暴食、串などの異物の誤食は毎年起こりますので、皆様におかれましては、用心していきましょう

 また、犬・猫さんは、年に1回の定期的な伝染病混合予防注射を継続してあげてください
 寒暖の差が激しい時期や、冬季は特に猫の伝染性ウイルス性鼻気管炎が流行します

 今月の注射の予定の方や、予定が過ぎている方はお気をつけて御来院下さい
 診療時間内であれば予約ナシでいつでも予防注射を受け付けております


 さて、去る10月13日(日)は、鳥類臨床研究会大会(症例検討会)に参加しました
 この研究会の中核ドクターは、普段から鳥のみを診療していまして、鳥類の総合的な対応に対し、深く掘り下げた話を聞くことが出来ました

 卵塞症、金属中毒(危険は身近にあります)、消化器科関連、腫瘍科関連、など、各ドクターが遭遇した症例を共有する大会となりました

 残念ながら、鳥類臨床は獣医大学では教育されていないので、このような大会は非常に貴重であります

 次回の鳥類臨床研究会大会は2014年2月に予定されています
 また休診となってしまうと存じますが、何卒ご理解とご協力をよろしくお願い致します


2013/11
SuMoTuWeThFrSa
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

前月     翌月