Diary 2012. 9
メニューに戻る
9月1日 (土)  9月です

 はたして、この「院長日記」を何人の方がお読みになっているのか存じませんが、
 今までの私の掲載を見る限り、ヒドイ内容が目立つように、私自身が感じます

 もう良い歳でもありますので、内容があるメッセージを定期的に皆様に送れますよう、この場を変えていきたいと決めました
 とは言ったものの、これという社会活動はしておりませんし、政治・経済や、特定の団体に関与しないので、私の眼から見えた事をただ淡々とお伝えしていくだけになるかもしれません。

 さて、まだまだ暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 天気予報によると、太平洋高気圧が9月10日ころには台湾のほうまで南下し、日本はやや過ごしやすくなるそうです。でも、それでも充分に暑いでしょうからペットだけでなく皆様も引き続き充分に熱中症にはお気を付けください。
 動物は我々のようにこまめに水分補給をしませんから、危険です。暑い時間での行動は最小限にして、あるいは取りやめてください。行動するときは、クールバンダナや携帯用のミスト扇風機などが役立ちます。大きな日傘なども良いかもしれません。

 8月は、4日5日に東京駅となりのサピアタワーで行われた、日本獣医眼科カンファレンス2012年年次大会に参加しました
 今回は、犬の緑内障について2日間にわたってアメリカの獣医眼科専門医サピエンザ博士を招聘しての学会です
 緑内障は外科的眼科疾患で、緑内障手術は特殊設備が必要なのと、術後管理を考えると規模が大きなチームでないとできにくいと考えており、あいにく手術が適応となった場合は当院での手術でなく、文京区のトライアングル動物眼科にご紹介することになります
 しかし緑内障はいろいろと難しい病気で、手術不適応になることもあり、そうなった時は当院にていろいろな治療選択肢が発生し、ご家族と我々が一緒にそれを選んでいくことになります

 これからも正しい確固たる対応分野を広げていきます。また正しい治療は優しい治療であり、皆様のクオリティオブライフ(QOL)を支える一翼となると考えます

 当日は休診となりまして、大変ご迷惑をお掛けしましたが、これからも専門分野をはじめ各方面を確実なものとしていきまして皆様のお役に立つべく精進していきますので、どうぞよろしくお願いいたします
 休診のご協力をありがとうございました


2012/9
SuMoTuWeThFrSa
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

前月     翌月