Diary 2011. 9
メニューに戻る
9月12日 (月)  9/11午後休・9/12休・9/16午後休・9/17休・9/18休

 今週は、すみません。

 診療している日が合わせて4日間しかありません
 でも、遊んでいないので、何卒ご理解頂きます様お願い申し上げます

 今週末は「日本獣医臨床フォーラム」という国内では一番大きな学会に参加します
 (11月には大阪でも大きな学会があるのですが、これには参加していません)

 学会では新しい事実・感覚・感性に触れ、休診の時間を今後の生き時間に変えてきますので、ご期待と共にご理解頂きたく存じます

 でも、ご迷惑をお掛けする事には変わりがないので、ご容赦ください。


9月11日 (日)  誠に申し訳ありませんが、それはないです

 「動物病院」は、ほぼ全てが入院治療がが可能な「病院」です。私の知る限り、入院治療が出来ない動物病院はありません。

 「近所の野良猫で捕まらないけどケガをしているので診てほしい」
 「我が家の犬が具合が悪いんだけど何の病気か教えてほしい」
 などの電話が入ることがあって、率直に申しますと、お電話で何をもおっしゃっても基本としてご自由なのですが、根本的には動物を連れてご来院頂き、拝見しないと大体のお問い合わせが成立しません。

 これは「絶対に連れて来てください」などという天狗のような対応ではありません。
 お問い合わせを受け、往診をすることもあります。
 しかし、問い合わせ主様に捕まらない猫は私達にも捕まえられないので診察できません。
 また、犬を一目見ただけではある程度以上のお問い合わせの要求にお答えできないので犬は往診車に乗って病院に来てもらい診察を受けてもらいます。

 私達が患者様とお会いするのは、何かの縁であると考え、お会いしたからには、もし良ろしければ最大限のフォローアップをしたく存じております。

 私らの努力や負担はいわば当然なので何でも良いのですが、強く上記のような問い合わせを頂いても、、ご家族にもある程度のご理解とご協力を頂かないと、恐縮ながら困ります。

 動物病院は「病院」の体系で、人のそれと同じシステムです。

(いま当院を受診なさっておられる全てのご家族様はこれらをご理解頂いていて本当に感謝致します。当院もできる限り皆様のご希望に添えるように努力を続けます)

 いえ、実はね、今日そういう問い合わせが4件もあって、それぞれ普通に純粋に対応したつもりなのですがいずれも中々ご理解が頂けなかったので、日記にしました

 もし言葉がお気に入らなかったら陳謝致しますが、当院は病院であることも是非ご理解頂きたく存じます。

・初めての患者様は、基本として必ずご来院ください

・ご来院の交通手段にお困りでしたらペット専用タクシーがありますので、ご紹介いたします
 
 本当にすみませんが、よろしくお願い致しますね。
 (今風に言うと、ちょっとヘコみました。)


2011/9
SuMoTuWeThFrSa
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

前月     翌月