Diary 2009. 11
メニューに戻る
11月25日 (水)  専門医の懐の深さ

 私事ですが、7月から「腫瘍学」という講座を月に1回所沢で受けています。生徒30名の講座です。
 講師は有名な獣医師で、日本人初の米国獣医内科学・腫瘍学専門医です。分かりやすい説明で、常に得心します。
 まず第1に上手な話し方に関心し、私も普段こういう風に話ができれば失敗しないのに、と、へこみます。
 
 実は私と同じ大学で、5学年しか変わらないそうです(私の歳には既に専門医になっている)。
 それはそれで良いのですが、私は勉強が足らないな、と、へこみます。 (これは課題とします)

 ところで「腫瘍学」って何の勉強だと思いますか?
 腫瘍の分類でしょうか?、診断法でしょうか?、それとも抗癌剤治療法ですか?、手術の方法でしょうか?
 はい、内科の先生なので手術方法はここでは教わりませんが、腫瘍内科学の全てに通じるものをここでは勉強します。

 そんな中で、11月の講義内容は、「栄養学」でした。癌になった子は、「癌そのもの」と「痛み」と「飢餓」と闘うこととなります。腫瘍に罹患した子は、如何に栄養面でQOLを保つか?
 
 私のような量産型獣医師は、癌そのものと痛みと闘う事は長けています。でも、栄養学で闘う事は慣れていないはずです。
 栄養学は大学では教えていません。また、多分「腫瘍学講座」の様なものは全ての大学にないはずです。

 栄養学で闘う事に慣れていてもそうでなくても、全国の獣医師に聞いて欲しい講義内容でした。
 専門医の懐の深さを体感しました。もう、「へこむ」を超えて「感動」です。

 しかし、これを始めにこの日次々とへこむ事になっていくのです。

 つづく。


11月20日 (金)  里親さんが決まりました!

 こちらで募集していました子猫の里親さんが、無事決まりました!1ヶ月あまり一緒に過ごしてきて急にいなくなってしまうのはちょっと寂しかったですが、優しい飼主さんで安心しました。
これから、幸せに暮らしていってくれればなあと祈っています。
 皆様、ご協力ありがとうございました!


11月5日 (木)  子猫の里親さん募集!!

 インフォメーションでもお知らせしましたが、事情があって子猫の飼主さんを募集しています!約2ヶ月の男の子で、明るいキジトラ柄、尾は短いかぎシッポです。子猫らしい遊び好きの子で、病院の先輩猫とも仲良く出来ています(只今、猫社会について勉強中です!)。家族の一員としてかわいがってくださる方、ぜひお問い合わせ下さい!
 きよしヶ丘ペットクリニック  047-340-3883

20091105-1.jpg



2009/11
SuMoTuWeThFrSa
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

前月     翌月